2009年12月05日

星槎国際高等学校(鴨居学習センター)

で、コンサート。
生徒やPTAの方々が聴いてくださいました。
とても響く会場なので、トロンボーンのマイクも外し、
生音で聴いていただきました。
とても大きな拍手にエネルギーをもらいました。
ありがとうございます!

最後の曲は、この学校の学生5人で結成された、
「タケップ」との共演。

タケップ
タケップの歌声は、とても生き生きしていて、力強いものを感じました。
トロンボーン+タケップ+お客さんの歌声+手拍子で、
とても華やかなエンディングとなりました。
私も心から楽しませてもらいましたよ!

ナンシーはといえば、そんな華やかなステージのど真ん中で、
私の足の上に乗っかったまま、デレ〜ンと寝てました f^_^;

リラックスナンシー
あの〜〜、身動き取れず、棒立ち演奏になってしまったんですけどぉ・・・
だんだんと確実に大物になってます(笑)。
posted by kanako at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンサートお疲れ様でした。
今回はマイクを外したとのことでしたね?
マイクを外したら、よりきあいが入るんじゃないでしょうか?
これからも、こんな感じのコンサートが出来るといいですね。
Posted by 椎名 at 2009年12月05日 23:31
いいねぇ。生音で演奏できるのが一番ね。
管楽器は残響があると特に綺麗に聞こえるもの♪

学校コンサート、楽しそう!
Posted by まゆみ at 2009年12月06日 00:52
椎名さん、生音、吹いていてもとても心地よかったです。
会場の広さも、生音でちょうど良い広さでした。

まゆみさん、響きもそこそこある会場だったので、管楽器にとっては吹きやすいところだと思いますよ!
スクールコンサート楽しいですよ♪ 今度聴きにいらしてくださいね!
Posted by kanako at 2009年12月06日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。