2011年05月23日

第30回記念グリーンコンサート

22日、相模原市民吹奏楽団の第30回グリーンコンサートへゲスト出演させていただきました。
私は第二部の出演で、「虹の彼方に」「kindness」「ひかりのうた」を演奏。
吹奏楽をバックにとても気持ちよく演奏することができ、
演奏していてなぜか客席でその演奏を聴いているようななんだか不思議な感覚になったんです。
それだけ音楽に浸れたということかな?
今までにない感じを味わいました。
そしてアンコールには、私も大好きな「76本のトロンボーン」を演奏。
トロンボーン総勢13人がステージ前にずらーっと並んでの演奏は、見ていても楽しかったのでは?
私もすっごい楽しかった!

このグリーンコンサートでは、毎回市内の中学生が共演しています。
私も中学3年生の時、このグリーンコンサートに出させていただき、
音楽の楽しさ、すばらしさを教えてもらったのを覚えています。
その時からの市吹のメンバーの方々とも再会することができました。
中学の頃、私たち吹奏楽部の指導と指揮をしてくださった岩島先生も、この楽団のチューバ奏者です。
また、市吹の指揮者、福本先生も、大学時代の吹奏楽の授業の先生でした。
昔からのご縁が、こうしてまた新たな形でつながっていけることに、なつかしさと幸せを感じます。
みなさん大変お世話になりました。

先日のブログで、みんなの手形で市吹のロゴマークを作ると書きましたが、
完成したのがこちらです。
ロゴマーク
ポツンとあるおっきな手形は私のです f^_^;
これには映っていませんが、右上には福本先生の手形もあります。
これだけたくさんの人たちが一つになって作り上げたコンサートなんですね。
そこにお客さんの手形も加わったとしたら、この何倍にも大きなロゴマークが出来ることでしょう。

そうそう、この中にナンシーの足形もあるんですよ!
ジャ〜〜〜ン! わかるかな?
ナンシー足型

ナンシーもしっかりメンバーの一員としてがんばってくれました。
楽屋ではワフワフ寝言を言ってても、いざステージに立つとキリッとし、
打ち上げ会場では、敷物の上で熟睡モード。
どんな環境にも動じないナンシーを見習いたいと思います (^_^)

相模原市民吹奏楽団、とてもすばらしい楽団です。
ぜひみなさんもいつか聴きに行ってみてくださいね♪
posted by kanako at 10:26| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聴いたよ! 感動のステージだったよ!
第1部からノリノリだったけど、加奈子さんとナンシーの登場は盛り上がった上に素晴らしい演奏だったから、ほんと、涙が出ちゃった。
加奈子さんは高揚してるというより、ゆったりと楽しんで吹いていて、ステージ上の団員の方たちにもそれが伝わってたと思う。
ナンシーちゃん、1曲終わると立ち上がって、またダウンして(お尻を向けて)、可笑しかった〜
深い藍いろのドレス素敵だったよ!チャーミングな大人の女性って感じで。 
市吹って、レベルが高いね。特にパーカッションは抜群だった!
ロビーの手形、加奈子さんのは気付かなかった。いつも人だかりがしていて写真撮れなかったのが残念...
Posted by サイコ at 2011年05月23日 16:59
コンサート、お疲れさまでした。
楽しめたようで良かったですね。
私も中学の時吹奏楽部だったので、なんだかうらやましくなりました。
また吹奏楽したいです。
加奈子さんの演奏が聞けるのは、いつになることやら。
その日が来るのを楽しみにしています。
Posted by rinrin at 2011年05月23日 20:10
相模原市吹のコンミス近藤です!
加奈子さん、コンサートお疲れ様でした♪
そして、ありがとうございました。

今回のコンサートに至るまでの企画や準備等色々ありましたが、無事に大成功に終わる事が出来たのも皆様のお陰です。
団員みんな、加奈子さんのあたたかい音色&演奏に心の中がほんわかしたはずです!
市吹もそんな演奏が出来たら良いと、またこれからの課題に向けて
暑い夏を乗り切ろうと思います。

また一緒に同じステージに上がれたら良いなと♪
ありがとうございました!
ナンシーにもよろしくお伝え下さい☆

P.S
初めての練習時になかなか挨拶が出来ず一緒に手形をやりながら最後の最後でご挨拶をした時に「なんだか初めて会った気がしないね〜」って言って貰えた一言がとっても嬉しくて、今でも思い出すと涙が出ます。
是非今度一緒にお茶でもしましょうね☆
Posted by コンミス近藤です。 at 2011年05月24日 11:34
サイコさん、お越しくださり、ありがとうございました。 ノリノリで楽しんでいただけたのですね!
市吹は技術ももちろんですが、団員みんなの団結力もすばらしいと思いました。 演奏は団結力が大事ですよね!

rinrinさん、とても良いコンサートでした。 遠いのでなかなか聴いてもらえる機会はないかもですが、いつかそちらの方へも演奏にうかがえたらと思っています。
rinrinさんも吹奏楽やっていたんですね! 吹奏楽としては私は久々だったのですが、とてもなつかしい感覚を味わいました。

近藤さん、先日はお疲れ様でした。 そしてお世話になりました。
コンサート当日まで大変なご苦労もあったと思いますが、結果とてもすばらしいコンサートになりましたね。 そしてそのコンサートに出演させていただけたことに感謝しています。
手形作りは楽しい思い出になりました。 ぜひいつかお茶しましょう! 団員のみなさんにもよろしくお伝えください。
Posted by Kanako at 2011年05月24日 14:01
加奈子さんのCDを5枚にサインを頂いた者でございます。
有難うございました。
市吹の友の会に入っているので
(福本さんの指揮のファンなので入ったというのが本当のところですが・・・)
GPから、聴いておりました。
加奈子さんの演奏は、本番のみでしたけれど・・・
初めてその音色を聴いた瞬間・・・
優しく柔らかく、温かいものが、伝わってきました。
次男(Tub.)が中学の吹奏楽に入るまでは、
各楽器の音を意識して聴いたことはなかったのですが・・・
金管Tub.の音を追い求め、ロジャー・ボボの音を知り・・・
また、各楽器そのものの音・・・
Tb.では、小田桐先生の音に出会いました。
静かにそして深く心に響いてくる音と温かさを忘れることが出来ません。
そのとき感じたのと同じような温かさを
加奈子さんのトロンボーンの音にも感じました。
感動をありがとうございます。
また是非、聴きに参りたいと思います。
今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます。
Posted by ふっくらママ at 2011年05月25日 11:54
ふっくらママさん、コメントありがとうございます。 先日サインをさせていただいた方ですね。 ありがとうございました。
小田桐先生には恐れ多いですが、私の演奏をそう思っていただけて素直にうれしいです。 またぜひ演奏聴きにいらしてください。
息子さんもチューバで頑張っておられるのですね。 親子で音楽を楽しまれていてすばらしいですね。
Posted by kanako at 2011年05月25日 18:14
我が息子は、高校では弓道部に入ってしまいましたので、完全に私の楽しみでございます。息子は、そこまで好きにはならず終わってしまいました。
Posted by ふっくらママ at 2011年05月26日 21:32
ふっくらママさん、そうでしたか。 中学で吹奏楽の世界に少しでも触れていたことは、息子さんにとって大きな経験になったことでしょう。
いつか私のコンサートに息子さんと一緒に聴きにいらしていただけたらうれしいです♪
Posted by kanako at 2011年05月27日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。