2011年09月15日

ビッグ・アイ アートフェスティバル

チラシ

11日、大阪のビッグ・アイで行われたバリアフリーコンサートに、
コバケンとその仲間たちオーケストラのメンバーとして参加しました。
前日10日の午後に大阪に着き、早速ホールでリハーサル。
ホールによって響きが違うので、同じ曲でも微妙に音の出し方など変える必要があります。
コバケンさんの指導により、その響きが少しずつまとまっていきます。
オランダから急遽参加されたチェロのルーランドさんの音色にも感動!

その日はビッグ・アイに宿泊し、翌日11日が本番。
今回はなんとトゥーランドットのソロを吹くことになりました。
昨年の3月にNHKホールで演奏した以来。
やはりかなりのパワーを求められました。
しかもプログラムの最後の方だったので、ずっとドキドキしっぱなしでした(汗)
だからこそ最後の「1812年」は思い切り気持ちよく吹けました。
今回もすばらしい経験をさせていただきました。

プール学院のみなさんと
バンダで参加した大阪のプール学院の学生さんたち。
とてもきれいなアンサンブルで、レベルの高い学校でした。
オケのみなさんは演奏が終わったらそのまま東京へ戻られましたが、
私はもう一泊して、翌日観光をして帰ることにしてたので、そのまま残っていたら、
ちょうどプール学院のみなさんがいて、みんなで写真を撮ることができました。

演奏会の模様がコバケンとその仲間たちオーケストラブログに写真とともに掲載されてますので、
ぜひご覧ください。
私がソロ吹いてる写真もありましたよ。
http://kobaken-and-friends.at.webry.info/201109/article_3.html

演奏会が終わった日の夕食は、大阪に住む知人が案内してくれ、
おしゃれなイタリアン。
オープンテラスですぐそばに川が流れていて、
遊覧ボートが何度も通り過ぎ、こちらに手をふってきます。
まるで外国に来たような雰囲気。
ボート

翌日は奈良と京都を観光しました。
その模様は次のブログで!

ということで、大阪に2泊しましたが、
こてこての大阪を味わうチャンスはありませんでした。
たこ焼き食べたかったなぁ!
次の楽しみに取っておくことにしよう!


posted by kanako at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。