2012年02月18日

盲導犬とともに

というタイトルで、法人会橋本支部の主催でチャリティコンサートでした。
入場料の全額が日本盲導犬協会へ寄付されました。
平日の午後にもかかわらず、サンエールは満席のお客様。

今回は、第一部は演奏ではなく、盲導犬のお話をさせていただきました。
一部トーク
ナンシーも敷物の上で熟睡。
途中いびきをかくほど。
どんな所でも寝れるというのも盲導犬の大事なお仕事なんです。

盲導犬の一生、お仕事、お手伝いしてもらいたいことなど、
普段のコンサートではあまり深く話さない部分までたっぷりお話しました。
そして、初めての試みで、会場内をぐるっと一周ナンシーと歩くデモンストレーションもしました。
リハーサルではバッチリ歩いてくれたナンシー。
本番はお客さんの間を通るので、ちょっと戸惑っていた部分もあったけど、
無事一周まわって拍手をいただくことができました。
デモンストレーション

第二部は、衣装も変えてコンサート。
全6曲を聴いていただきました。
最後には再びナンシーも登場です。
雪がちらついていた寒い日でしたが、みなさんの盲導犬に対するあたたかいお気持ちが伝わってきて、
私自身も終始なごんで演奏とお話をすることができました。

花束

一人でも多くの人に、盲導犬への理解を深めてもらえたらうれしいです。
ユーザーの一人として、これからもトロンボーンとともに伝えていきたいです。
posted by kanako at 10:14| Comment(3) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャリティコンサート大成功だったのね。
おめでとうございま〜す!
日中は日差しも柔らかくて暖かかったからよかったね。
お話も聴きたかったなぁ。
Posted by サイコ at 2012年02月20日 11:34
素敵な演奏と共に、ナンシーちゃんの事も伝えられた、
素晴らしいチャリティーコンサートになりましたね。

以前、鎌取駅で乗車拒否に遭った介助犬ユーザーさんから聞いたお話しや、
加奈子さんのコンサートでナンシーちゃんのお話しを聞いて、
盲導犬や介助犬の大切さを沢山の方々に知って頂けたらと言う想いから、
私も音楽活動の中で、補助犬法のお話しをさせて頂くようになりました。

このようなチャリティーコンサートを通じて、
もっともっと沢山の方々に、盲導犬の事、知って頂けたら良いですね。
Posted by ざくろの森 at 2012年02月21日 00:50
サイコさん、新しい試みもありましたが、みなさんに喜んでいただけました。
またこういうスタイルの公園もしていきたいです。

ざくろの森さん、盲導犬のことのみをこんなにたっぷりお話したのは初めてでした。
こうして言葉で直接伝えていくことが、一番の理解につながるのだと信じて、これからも伝え続けていきたいです。
Posted by kanako at 2012年02月22日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。